スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年度最終日
 明日から新年度が始まると言うのに、必死で学年作業をした。うどんを食べに行くために一日お休みをいただいたとは言え、今年は最終日ぎりぎりまで本当に作業が大変だった。
スポンサーサイト
休日
 うちの近所の素敵なお店でランチして、おやつはミスタードーナツに行った。
 久しぶりにまったりした休日だった。
お泊まり
 退職する同僚の一泊慰労会をした。彼女の退職にはみんな本当に驚いていたけれど、私は何年か前(自分が陶芸を習い始めた頃)から「そうなるだろうな」と思っていた。陶芸を専門としている彼女の作品は本当に素晴らしく、自分がその道に入ってからますますその素晴らしさを実感することができた。

 彼女にはナイショにしていたけれど、この一泊慰労会はもう何ヶ月も前から計画していて、ゲームをはじめとする企画を彼女が楽しんでくれたので、本当にやった甲斐があったと思った。プレゼントも喜んでもらって嬉しかった

 会の最後にみんなから歌をプレゼントした時は彼女は涙を流して御礼を言ってくれた。私もこらえきれず泣いてしまった。彼女は「みんながいたから、ここまで頑張ってこれた」と言ってくれたけど、私たちこそ彼女の存在に助けられてきた。事実、これから彼女のいない職場は本当に寂しくなってしまうと思う。転勤した私でさえ、なんとも言えない気持ちから抜け出せないでいるぐらいだから。

 でもこれは別れじゃない。私は彼女から少し早めに退職の話を聞いていて、その時に背中を押した。その時から彼女の素敵な未来を応援することを決めていたし、違う道を歩く彼女から私もきっと学ぶことが多いと思うから。

 彼女が成し遂げた偉業と素晴らしい未来に心から拍手を送りたいと思う。
UDON♪
 お休みをもらって、学年日帰り親睦旅行で讃岐地方に出かけた。
 朝4時に和歌山を出発し、何カ所かでピックアップし、8名でGO! 途中、明石SAで休憩して美しい景色を楽しむ

 まず一軒目は「さか枝」にて 朝7時から営業している素敵なお店。香川県庁のすぐそばにあり、朝ご飯にうどんを食べている人もたくさんいた。ここは天ぷらもたくさんあって、私はたまごとちくわをチョイス♪天ぷらをのせたぶっかけうどんはす~んごく美味しかった!一日で六軒まわったけど、結果としてここが一番好きだった。

 かなりお腹いっぱいになったような気はしたけれど、讃岐にうどんを食べにきてそんな軟弱なことは許されない。すぐさま二軒目へ。二軒目は「なかむら ここではゲソ天をチョイス!だし汁とよく合って、ここも美味しかった。あたたかいだし汁に少しだけしょうがを入れるのもよかった。

 そして三軒目!チョー有名店「山越」では釜玉うどんをいただいた。ここではお土産も購入。お腹いっぱいのはずなのに、しっかり完食美味しかった!!

 さ~四軒目!車は山の奥へと進む「ほんとにこんなところにうどん屋さんなんかあるの~?車も一台も走ってないし~」と言っていた私たちの目の前になぞの行列が!それこそが私たちが目ざしていた「谷川米穀店」の行列。まだ開店してすぐなのに、しかも平日なのに長蛇の列!驚き。しかもどうして米穀店でうどんなのか…そんな疑問も忘れさるほどの美味しいうどんだったとってもシンプルだったけど、シンプルだからこそ美味しさがわかるというもの。

 すっかり満腹になったところで温泉へ。温泉につかり、さくらソフトを食べてくつろぐ。あんなにうどんを食べたのに、全員アイスクリームを食べたところはさすが私たち!笑

 休憩後の一軒目(朝から数えると五軒目)は「山内」へ。ここも山の中にあり、初めて来た人には見つけるのは難しいかも…私たちにはすばらしいナビゲーターがいたので、難なく到着することができたんだけど ここはでは「ひやあつ」をいただく。麺が冷たくだし汁があついという意味らしい。一玉だとあっというまに食べてしまった。大盛りでもよかったくらい。笑

 そしていよいよラストのお店「山下」へ。ラストにはかなりヘビー級。かなり太めのうどんだったけれど、レモンがのっていてあっさりしていたので、しっかり完食

 うどん屋さん六軒まわって、す~っごくお腹いっぱいのはずなのに、晩ご飯は晩ご飯でしっかりといただくことに!淡路島の牛農家が営む焼き肉屋さんへ!!淡路ビーフす~っごく美味しかった ほんとによく食べる学年集団だな~とみんなで改めて感心した。

 帰りは六甲の夜景を楽しもうということになり摩耶ロープウェイ「星の駅」へ。も~信じられないくらい美しい夜景。気温は1度ですっごく寒かったけど、みんな言葉にならないくらい感動した。今度はぜひ一泊で来ようと約束した。

 それからまた数カ所停車しながら帰ってきた。私が家についたのは真夜中。日帰りと言っても、20時間ぐらいは遊んでいたことになる。ハードではあったけれど、最高にリフレッシュできたし、学年団の絆がさらに深まって、素晴らしい一日だった。
大忙し
 昼間は職員作業でひたすら働いた。明日お休みをもらうためにも必死で働いた。

 夜は陶芸教室。私にはめずらしく花瓶を作った。
修了式
 2年1組、最後の日だった。
 先週の最後の学活で、一年間をふりかえっていたし、私としては伝えることは伝えたつもりだった。今日は笑顔で「解散!」って言おうと決めていた。
 最後のクラスのみんなと写真をとって、想定通り「解散!」と言って学活を終えた。

 教室の片付けをして、荷物を持って職員室に帰り、仕事をしていたら、女子二人が「相談があるので時間をつくってくれ」と言う。
 彼女たちからは時々、恋の話を聞いたりしていたので、また「○○くんと同じクラスにしてくれ」とかいうお願いかな…と思いながら外に出た。廊下では話せないのでLL教室に行こうと言うのでついていく。突然二人が「目を閉じて」と言う。このあたりから「おかしいな…」と思い始めた。二人に手を引かれ教室に入る。「目、あけていいよ」と言われ開けてみると、目の前にはクラスの女子がみんないた。黒板にも素敵なメッセージが書かれていて、「一年間ほんとにありがとう」と言いながら花束をくれた。笑顔で終わったはずなのに、涙が出てしまった。でも彼女たちの前では泣いてもいいと思えた。

 今まで良いクラスにたくさんめぐり会えた幸せ者の私だけど、今年度のクラスはほんとに「合う!」と思った。またひとつ最高の思い出ができた。現実はドラマよりもずっとドラマティックだと思う。
なつかしい~♪
 休日 買い物に行って、お茶した。初めて入るお店。ネットでさがしたんだけど、紅茶が美味しくて、スコーンも手作りでほんとに良いお店だった。絶対また行く
またひとつの別れ
 ALTの最終日ということで、夜、お別れパーティをした。彼女の希望によりお好み焼き屋さん。私は初めて行くお店だったけど、明太子モチチーズ玉がすっごく美味しくて、絶対にまた行きたいと思った。

 ほぼ毎年、新しいALTと出会い、別れがある。また会おうねと言いながら、なかなか連絡がとれていない現実。自分が変わらないと、状況は変わらないなぁ…
卒業式
 今の学校にきて初めて経験する卒業式だった。でも式場にも入れず、卒業式であることをほとんど実感できずに終わってしまった。

 一日中、セリーヌの余韻にひたっていた☆笑
Celine Dion☆二日目
 今日も仕事が終わってからマッハで電車に乗って、京セラドーム大阪へ。

 二日目でもやっぱりセリーヌのショーは最高だった。今日もアリーナ正面の最高の席だったんだけれど、まわりは関係者っぽい人が多く、ノリは最悪だった。でも私はセリーヌに会えたという心の余裕があったので、しっかりとショーを堪能して帰ってきた。

 ただひとつ言えることは、伊藤由奈とのデュエット曲とタイタニックの主題歌(もちろん彼らは曲のタイトルさえも知らないと思う)だけを聴きにきている人があまりにも多く、残念だったってこと。
Celine Dion
 仕事が終わってマッハで電車に飛び乗る 大きな事件が起きなくて本当によかった…

 妹と天王寺で待ち合わせ。食事をするも心ここにあらず。妹はセリーヌに渡す花束を購入。地下鉄で京セラドーム大阪に向かう。まず関係者入口に行き受付を済ませる。身分証明書やチケットを確認されてセキュリティがかなりかたい感じだった。

 席についてしばらくするとショーが始まる。アリーナ正面7列目というかなり良い席でショーそのものも最高だった。久しぶりに聴くセリーヌの生声にやはり涙してしまった。ショーをおもいっきり堪能して、いよいよセリーヌとご対面。

 関係者の方とかセキュリティの方に付き添われて楽屋へ。ドーム半周を走らされてかなりクタクタ。しかも汗だく。でもセリーヌに会えるなら我慢もできた。
 楽屋前に到着。どうやら先客がいる模様。なんと朝青龍だった。場所中なのに稽古しろよッ!ってつっこみそうになった。笑

 部屋に入る。セリーヌとご対面。セリーヌはショーのラスト"My Heart Will Go On" の時の黄色い衣装のままで満面の笑顔で私たちを迎えてくれた。私は必死で自分がどれほどセリーヌを尊敬しているかってことを伝えた(つもり)。それを聞いたセリーヌは「あなたの英語、パーフェクトね」と言ってくれた。中学校で英語を教えているってことと、明日もショーにくるってことを伝えると、「今日も明日もショーに来て、英語はいつ教えてるの?」と冗談を言って、私たちの緊張をほぐしてくれた。準備していたコーヒーカップ(一応、私の手作り)と息子さんへのお菓子を手渡すとすっごく喜んでくれた。妹は花束を渡してハグしていた。セリーヌ専属のカメラマンの方に写真をとってもらう時、感動のあまり泣いている私の背中をセリーヌは軽くトントンとたたいて合図を送ってくれた。その心遣いが本当にうれしかった。マネージャー風の方がパンフレットを持ってきてくれて、セリーヌがそれにサインをしてくれた。その時、私は勇気を出して「私の携帯電話でも写真をとってもいいですか?」ときいたら、「もちろん」と言ってポーズをとってくれた。

 時間にしたら5分ぐらいのことだったと思うけれど、私には永遠とも思えるすばらしい時間だった。明日もショーがあるけれど、私の中でももうこれでじゅうぶんといった感じの最高の夜だった。
ありえない
 仕事が終わって、同僚と軽く夕食を食べて、いつものようにラジオを聞きながら車で帰っていたところ、ラジオから「明日のCeline Dionのライブのバックステージにご招待!」という企画が流れてきた。Celineを尊敬する者としてスルーは出来ないと思って、とりあえず車をとめて携帯のインターネットサイトから応募した。そしてしばらく車を走らせていると、見たこともない電話番号から携帯に着信が… またまた車をとめて電話に出たところ、そのラジオ局の人からだった。バックステージご招待の当選の候補に上がっているという。いくつかの条件などを確認されて、あとは「当選された方には10分後ぐらいに司会者から直接電話が入る」と言われて電話をきった。

 候補にあがるだけでもすごい確率やな~とドキドキしながら、そのまま車をとめたまま、ラジオを聞いていた(実は緊張しすぎて、運転どころではなかった)。

 そして10分後…
 ラジオでは「さぁ、では当選者の方に電話をしてみましょう」と言っている。
 その時!
 私の電話が鳴った

 あまりの感動で涙がとまらなくて、関西一円に恥ずかしい姿(声?)をさらしてしまったと思う。(あまり覚えてないんだけど…)
 事務的な話をすませて、再び車を運転しはじめた時、少しずつ実感がわいてきた… 明日、Celineに会える

 家に帰ってからいっしょにライブに行く予定の妹に電話をし、感動を共有した。偶然、ラジオを聞いていた友人もいて、電話をしてきてくれた。

 Celineのライブに初めて行ってから10年以上…ずっとCelineのことが大好きで、ずっとずっと尊敬してきた。彼女の素晴らしさは生徒にも伝えてきたつもりだし、授業でも何度も彼女の曲を使わせてもらった。
 明日はライブも楽しみだけど、Celineに会えることがたまらなく楽しみ
マラソン
 私が住む地域のマラソン大会に甥っ子が出場した。
 私はもちろん朝から応援に行った。
 誰に似たのか、甥っ子は昔からマラソンが好きで、この大会にも去年から出たいと言っていたので、満足だったと思う。結果も私たちの予想をはるかに上回るものだったので、みんな驚いた。

 甥っ子は来月もちがう大会に出場するそうだ。きっとまた応援に行ってしまうと思う
お別れ会
 「お別れ会(3年生を送る会)」だった。

 美術部が3年生関係の先生たちの似顔絵をパネルにしたり、実行委員として司会や運営などに携わったり、卒業生に送る歌も一生懸命歌ったり、2年生たちは本当にがんばっていたと思う。来年はこの子たちが送られる立場になるんだと思うとちょっとセンチメンタルになったりした 
懐かしい
 大学時代の友人とディナーに出かけた。うちの近所のイタリア料理屋さん♪
 彼女とは大学で同じクラブに所属し、ペアも組んで試合も出たし、大学時代は毎日のように顔を合わせていたんだけど、卒業してからお互いに仕事が忙しかったこともあり、ホントに会えなくなっていた。
 彼女が転勤でうちの近所に勤め始めたこともあり、今回、念願かなって再会!
 まるで大学の近所の「ボン(よく行ったカフェ)」でしゃべっているかのようなノリで、しゃべりまくってしまった☆旧友ってあたたかいなぁ…♪
陶芸教室
 トウゲイに行った。
 今日はお湯飲みを一つと、大きめのお茶碗を一つ作ってきた。
鍋!
 友人の家で鍋パーティーをした。ふだんあまりしゃべったことがない人も来ていたけど、鍋の力で、いっぱいおしゃべりすることができて、楽しかった。
プロフィール

tomocot

Author:tomocot
きてくれてありがとう♪
HPのほうもよろしくね☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。